Category Archives: 店つくりDIY

5月8日にリアル店舗オープンしました!

お取引先様やお友達からたくさんのお花やお祝いをいただきました。
皆様ありがとうございます。

imageimageimage

店内は広くはありませんが、落ち着いた雰囲気に仕上がりました。
取扱商品も現在ネットショップに掲載しているものの他、ネットショップでは販売することができないバッグや小物類も扱っています。
imageimageimageimageimage

モータースポーツ用品もあります。
シューズやグローブの試着もできます。
「お店作ったら、埼玉エリアで気軽に入れるモタスポ用品店もやりたい」という社長の思いがこもっています。
最初は「モタスポショップは敷居が高い」「何か買わないといけない、車つくらないといけない」という不安をお持ちだと思います。その心のハードルをぐぐぐ!と下げて、安全にモータースポーツを楽しんでほしいし、知ってほしいという思いがあります。
今後はレーシングハーネスなどの安全装備の拡充も予定しています。

お店の場所や外観など、くわしくはこちら!

5月8日にオープンしました! ーその1 建築中写真まとめー

image

「ここでお店作りの経過を~」と言ってのですが、ぜんぜん更新してませんでした。
ごめんなさい。

一ヶ月近く、通常業務の後に作業。
休日に作業。
GWに一気に仕上げて、無事に5月8日にオープンしました。

オープン前の建築中の写真をまず・・・

image
image
ホームセンターで購入した2×4材にせっせとステインを塗る。

image
image
「賃貸住宅の壁紙替えたい鉄板技」といわれる「マスキングに両面テープを貼って壁紙貼り」を実践。
本職の壁紙職人さんの技術の凄さを知る、なかなか辛い作業・・・壁紙貼るの難しい・・・一人じゃ無理・・・結局二人かかりの二日かかり。

image
ディアウォールを使って柱を立てて壁を作って、棚を作って・・・
imageimage

親戚の廃業したお蕎麦屋さんからもらった一枚板のテーブルのニス塗装を剥がして、オイルステインとBRIWAXで仕上げ。
image

一箇所ずつこつこつ作り上げていきました。
image
image
image
image

柱は水性ステイン×BRIWAX 棚はワトコオイル×BRIWAX 社長が切ったりつけたりしている横で、私はせっせとペンキ塗りとWAXの仕上げ。
筋肉痛で足が動かなくなって「ヤバイびょーき?!」とあせったり、変な格好でペンキ塗りをしていたので、腕の力が入りにくいなど、まぁいろいろありました・・・・

レジカウンターも手作りしました。
天板はダメージ加工してワトコ×ワックスで仕上げ。
表面は漆喰で仕上げました。
一次塗りしてお昼を食べに出たら、乾きすぎて仕上げ塗りの重たいこと重たいこと・・・
(決して「もう木を塗るのあきた・・・ではないです)
imageimage/a>
実は当初、柱を立てた壁にボードを貼って、漆喰で表面を仕上げる・・・という案があったのですが、採用しなくてよかったです。
結構大変でした。左官屋さん凄いです。プロ職人さん凄いです。

5月6日に完成。
imageimage

5月7日に商品を並べていよいよ8日開店です・・・

フィルムを貼って剥がして

16日月曜日。
オークションで落札したライティングビューローの受け取りと、消防法に基づく消火器の設置、ドア改造の見積もりのために午後から新事務所に行っていました。

ライティングビューローはヤマトさんが届けてくれました。
憧れのアンティークです。
多少のガタピシも傷も欠けも全部歴史です。
1930年代の品ということで、調べてみると第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の時代。
世界恐慌とかいろいろあった時代ですね。
そんな時代を生き抜いてきた、ビューローさんです。
imageimage

革製品や衣類の紫外線による退色を少しでも防ぐため、西側三箇所の窓にUVカットフィルムを貼りました。
image
貼るだけでしたら簡単です。でも、大きくて貼りづらかったです。
失敗したなと思ったのは、窓拭きは雑巾ではなく、窓用のクロスか合成セーム革を持ってくるべきでした。
じっと見ないとわからないので、これはこれで良しとしたい・・・です。
image

小さな窓の後は、目隠しで大家さんが貼った、エンボス加工されたミルキーホワイト色のフィルム剥がし。
こちらは剥がした後にUVカット機能のついたフィルムに貼りかえます。
車のステッカー剥がしに使うドライヤーを使って、フィルムをやわらかくして剥がします。
面白いぐらいに簡単に剥がれます。
その後は窓をきれいに拭いて、内側が見えないように内装用養生シートで目隠しします。
image
この日の作業はここで終了。
お店エリアにビューローがぽつんとしてますが、事務所機能を移転させた後に作業を進めたいと思います。

タイルカーペット

金曜日、本社にタイルカーペットが納品されました。
imageimage
夜に新しい事務所へ運び入れました。
ちょっと置いて帰ってくるつもりが、どんなもんだろうと現物が見たくなり、見たら見たで置いてみたくなり、置き始めたらとまらなくなり、
あれよあれよと1時間半程度で敷きおえました
そう、結局「後はパーテーション建ってからでいいや」と思っていた仕事が終わってしまったのです。
image
自己吸着型のタイルカーペット、すっごく簡単でした。前日のウッド調パネルよりも楽です。
でもやり遂げたという達成感は、両面テープを貼るという手間があった分、タイルの方があったなぁ。

16日に2件立会いがあるのでそれが終わったら、翌週まで特別な作業はありません。
まだダイノックシートの発注や養生シートの発注、ガラスのシート剥がしなど細かいことはあるのですが、この所慌しかったので、ちょっと落ち着いて店舗用什器を考えることができそうです。

お店つくり開始

昨年12月ごろから事務所移転と、どうせなら店舗もつくろうと思い物件を探していました。
そして2月末にあれよあれよと物件が決まり、現在お店つくりをしています。
市販の什器ではイメージがなんか違う・・・「できることは自分たちでやろう」と思い、できることはDIYすることにしました。

その第一弾が、「床」です。
店舗スペースと事務所スペースをパーテーションで仕切るのですが、床が灰色の事務所仕様の床なのでこれをまずなんとかしたい。
しかし全体が60㎡のスペースを業者に依頼すると、楽だけどコストがかかる、あと現状復帰の問題。

事務所用の床にはダイヤ・カーペット製の自己粘着タイプのタイルカーペットに決定。
これは優れもので接着剤が必要ない。
撤去が簡単。

店舗用の床にはサンゲツのウッド調タイル。
これの裏面にクッションフロア用の薄い両面テープ貼り付けて施工。
メーカーお奨めの「2種類まぜると自然な感じ」と書いてあった製品を選択。
幅も180mmとほかの製品より幅広なので手間も少なそう・・・と思ったのも・・・。あと何より質感が好みでした。

NTTの光の工事と同じ日に納品してもらい、二人でせっせと4時間かけておおよそ20平方メートルの範囲を仕上げました。
残りはパーテーション工事の後です。
殺風景な事務所の風景が一変しました。
image事務所が長方形ではなく、いたるところデコボコしているので大変だったのですが、敷き終えた後は「店を自分で作ってる」という達成感がありました。
imageimageimage

本日は事務所エリア用のタイルカーペットが届きました。
まずこれを新しい事務所に運び込んで敷き込みます。これはまた、次の機会に