Monthly Archiv: 3月, 2015

パーテーションと床完成して新事務所稼動

フィルムを貼って剥がして

16日月曜日。
オークションで落札したライティングビューローの受け取りと、消防法に基づく消火器の設置、ドア改造の見積もりのために午後から新事務所に行っていました。

ライティングビューローはヤマトさんが届けてくれました。
憧れのアンティークです。
多少のガタピシも傷も欠けも全部歴史です。
1930年代の品ということで、調べてみると第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の時代。
世界恐慌とかいろいろあった時代ですね。
そんな時代を生き抜いてきた、ビューローさんです。
imageimage

革製品や衣類の紫外線による退色を少しでも防ぐため、西側三箇所の窓にUVカットフィルムを貼りました。
image
貼るだけでしたら簡単です。でも、大きくて貼りづらかったです。
失敗したなと思ったのは、窓拭きは雑巾ではなく、窓用のクロスか合成セーム革を持ってくるべきでした。
じっと見ないとわからないので、これはこれで良しとしたい・・・です。
image

小さな窓の後は、目隠しで大家さんが貼った、エンボス加工されたミルキーホワイト色のフィルム剥がし。
こちらは剥がした後にUVカット機能のついたフィルムに貼りかえます。
車のステッカー剥がしに使うドライヤーを使って、フィルムをやわらかくして剥がします。
面白いぐらいに簡単に剥がれます。
その後は窓をきれいに拭いて、内側が見えないように内装用養生シートで目隠しします。
image
この日の作業はここで終了。
お店エリアにビューローがぽつんとしてますが、事務所機能を移転させた後に作業を進めたいと思います。

タイルカーペット

金曜日、本社にタイルカーペットが納品されました。
imageimage
夜に新しい事務所へ運び入れました。
ちょっと置いて帰ってくるつもりが、どんなもんだろうと現物が見たくなり、見たら見たで置いてみたくなり、置き始めたらとまらなくなり、
あれよあれよと1時間半程度で敷きおえました
そう、結局「後はパーテーション建ってからでいいや」と思っていた仕事が終わってしまったのです。
image
自己吸着型のタイルカーペット、すっごく簡単でした。前日のウッド調パネルよりも楽です。
でもやり遂げたという達成感は、両面テープを貼るという手間があった分、タイルの方があったなぁ。

16日に2件立会いがあるのでそれが終わったら、翌週まで特別な作業はありません。
まだダイノックシートの発注や養生シートの発注、ガラスのシート剥がしなど細かいことはあるのですが、この所慌しかったので、ちょっと落ち着いて店舗用什器を考えることができそうです。

お店つくり開始

昨年12月ごろから事務所移転と、どうせなら店舗もつくろうと思い物件を探していました。
そして2月末にあれよあれよと物件が決まり、現在お店つくりをしています。
市販の什器ではイメージがなんか違う・・・「できることは自分たちでやろう」と思い、できることはDIYすることにしました。

その第一弾が、「床」です。
店舗スペースと事務所スペースをパーテーションで仕切るのですが、床が灰色の事務所仕様の床なのでこれをまずなんとかしたい。
しかし全体が60㎡のスペースを業者に依頼すると、楽だけどコストがかかる、あと現状復帰の問題。

事務所用の床にはダイヤ・カーペット製の自己粘着タイプのタイルカーペットに決定。
これは優れもので接着剤が必要ない。
撤去が簡単。

店舗用の床にはサンゲツのウッド調タイル。
これの裏面にクッションフロア用の薄い両面テープ貼り付けて施工。
メーカーお奨めの「2種類まぜると自然な感じ」と書いてあった製品を選択。
幅も180mmとほかの製品より幅広なので手間も少なそう・・・と思ったのも・・・。あと何より質感が好みでした。

NTTの光の工事と同じ日に納品してもらい、二人でせっせと4時間かけておおよそ20平方メートルの範囲を仕上げました。
残りはパーテーション工事の後です。
殺風景な事務所の風景が一変しました。
image事務所が長方形ではなく、いたるところデコボコしているので大変だったのですが、敷き終えた後は「店を自分で作ってる」という達成感がありました。
imageimageimage

本日は事務所エリア用のタイルカーペットが届きました。
まずこれを新しい事務所に運び込んで敷き込みます。これはまた、次の機会に